朝は食事をしない、という朝食抜きダイエットをしていくのもいいですが、もし、食べないことで日中の活動に支障があるのであればきちんと食べておいた方がいいですよ。

また、太りやすい体質になることを回避するために、朝食は少しでも食べておいた方がいいそうですよ。

朝食抜きダイエットは、手軽に始められますので、初めてダイエットをする人もここから始めていく人も多いと思います。

朝食を抜いた分、一日の摂取カロリーが減りますし、その減った分を昼や夜の食事に回すことが出来るので、自由に食事がしやすくなります。
そういう点ではメリットにはなりますが、食べないことによって日中の生活に支障が出るならやらない方がいいです。

エネルギー不足によって集中力が切れたり、体を動かしにくいのであれば、朝食はしっかりと食べた方がいいです。
また、空腹時間が長いと体は飢餓状態であると判断して、次に食べるものを脂肪として蓄えていくと言われています。

つまり、朝食を取らないと逆に太りやすくなってしまうのです。

お腹が空いている分、ドカ食いになってしまったり、早食いになってしまうのも太る原因になりますよね。

痩せるためにやっていたことが、真逆の効果になる可能性があるので、少しでも食べておいた方がダイエットの邪魔になりにくいですよ。

ヨーグルト、サラダなら低カロリーですから、これらを朝食にしていってはどうでしょうか。


PR