ダイエット中は食事のメニューに気をつけていく人が多いと思います。

一時期、炭水化物抜きダイエットや置き換えダイエットなども流行りましたよね。
食事はしなければいけないことではありますが、食べる量、食べた食事に含まれている栄養素やカロリー、食べる時間帯などによって体重にも影響していきます。

その中の一つとして、ダイエット中の食事は『脂質、炭水化物、たんぱく質』に気をつけていくようにしましょう。
この3つの栄養素は、人が生活していく上で必要な栄養素ではありますが、脂質と炭水化物は摂取し過ぎると肥満に繋がります。
逆に摂取しないと、エネルギー不足になってしまいますので、最低限の摂取はしていくのがベストです。

脂質の場合はだいたい1日2,000kcal必要な人だとおよそ55g程度と言われていて、一日に必要なエネルギーの20~30%程だそうです。
炭水化物は同じように2,000kcal必要な人は60%程度の1,200kcalを糖質から取るといいと言われています。

それ以上は摂取のし過ぎになりますので注意しましょう。

逆にたんぱく質は、筋肉を作るのに必要な栄養素ですから、積極的に取っていくのが望ましいです。
成人女性で約50g程度、男性だと60g程だそうですよ。

筋肉が無いと脂肪を燃焼させていくことが出来ないので、筋肉の衰えに繋がるような栄養不足はダイエット中は特に避けていきましょう。

PR